スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年03月02日

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用活動について・6

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動に関しましては

下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf
(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))

http://kameitei.da-te.jp/c26186.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 ようこそ、いらっしゃいませ。

今回は松亀園(旧えびや旅館)に関連するご案内です。

3月9日()に松亀園(旧えびや旅館)の見学会を開催します。

これは、宮城県建築士会まつしま支部・女性部会様の

ご依頼により実施するものですが、見学会には

どなたでも参加できます。

参加ご希望の方は、受付を宮城県建築士会様で行なって

います
ので、下記をご覧いただき、お申込みください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『塩竈御釜神社前・松亀園(旧えびや旅館)見学会』

 ・宮城県建築士会様ホームページ
  → http://kenchikushikai.net/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=305&post_id=422#forumpost422

 ・見学会のご案内と申込書(.pdfファイル)
  → http://kenchikushikai.net/uploads/20130309.pdf


○日   時:平成25年3月9日() 14:00~
        ※事前に申込みをお願いします。
          申込み期限:3月7日(木)
       

○集合場所:松亀園(旧えびや旅館)前
        (住所:塩竈市本町3-9)

○参 加 費:無 料
        ※見学会には事前申込みが必要です

○問合せ・申込み先
  (社)宮城県建築士会 事務局
     ・電話番号…022-298-8037
     ・FAX番号…022-298-8038
     ・メール  …miyagishikai@s5.dion.ne.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

見学のお申込みの受付先は、宮城県建築士会様

となっています。お間違えのないようお申込みください。


  


2013年02月03日

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用活動について・5

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動の取り組み
に関しましては、下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf
(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))

http://kameitei.da-te.jp/c26186.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
 ようこそ、いらっしゃいませ。

松亀園(旧えびや旅館)の保存活用の活動ですが

現在も継続し実施している

しおがま松亀園(旧えびや旅館)保存活用支援基金

の口座振込について、“振込みができない”などの

お問合せをいただいています。

この場を借りてお詫びいたしますと共に

振込む際の口座番号などについて、詳しくご案内いたします。


松亀園(旧えびや旅館)の保存活用に関する

振込みでの支援金は、引続き『松亀園基金チラシ』に

記載しております銀行口座にお願いしております。

その際の振込口座は下記の通りです。

 ● 銀行名:ゆうちょ銀行
 ● 記 号:18180
 ● 番 号:19192111
 ● 口座名:トクヒ)エヌピーオーミナトシホガマ


他の金融機関から上記の口座に振込む場合
下記の通りとなります。

 ● 店 名:818
 ● 店 番:818
 ● 普通口座:19192111


 ※振込の際に発生する手数料につきましては
  大変申し訳ございませんが、お振込みいただく皆様に
  ご負担をお願いいたします。
  ただし、ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方が
  ゆうちょ銀行のATMをご利用し、ゆうちょ銀行口座間で
  お振込みいただく場合は、手数料が発生しない場合も
  ございます。


更に、前述のゆうちょ銀行口座のほかにも

新たに下記の口座にて支援基金の受付をいたします。

 ● 金融機関名 :杜の都信用金庫 塩釜営業部
 ● 普通口座番号:7079000
 ● 口  座  名:トクヒ)エヌピーオーミナトシホガマ



松亀園(旧えびや旅館)は、ひとまず解体は免れました

しかし、繰返しで大変恐縮ですが

『保存』、『活用』に向けての基金は

まだまだ足りていません

現在、今回の口座ご案内記事の内容も含めた

松亀園(旧えびや旅館)の『保存』と『活用』に向け

ご理解・ご協力をお願いする新しいチラシも

鋭意作成中
です。皆様におかれましては、引続き

より一層のご支援を賜りますよう

よろしくお願い申し上げます


  


2013年02月01日

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用活動について・4


 ようこそ、いらっしゃいませ。

ツイッターなどですでにご報告をしていますが

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用の活動について

皆様に改めてご報告いたします。


NPOみなとしほがまでは、本活動に関する皆様の御好意

後押しをバネとし、熟慮の結果

保存活用に向けて金融機関からの融資により

建物の取得を決断しました!!

これを受け、所有者より塩竈市に対して

解体申請の取り下げを行なっていただき

解体中止が正式に決定しました!!

ご好意をいただいた皆様に、感謝を申し上げます

ありがとうございました。


 今後の活動に関してですが、先ほどご案内した通り

取得は“金融機関からの融資”ですので

『保存』、『活用』に向けての基金は

まだまだ足りていません

そのため

募金活動は引き続き行ってまいります

塩竈市民をはじめ、全国の皆様におかれましては

本活動へのご理解・ご協力とご支援の継続を

何卒、よろしくお願い申し上げます。


※ 基金へのご支援は引き続き『松亀園基金チラシ』に

  ございます振込先口座、または亀井邸で直接の募金も

  受け付けております。

(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))
http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf


解体は免れましたが
保存・活用に関してはまだまだ先の長い活動になります。
それでも、この3階の桜の間にある

天井に描かれた満開の桜の花が美しくよみがえり
一日も早く、多くの方にご覧いただけるよう
活動してまいりたいと存じます。

  


2013年01月27日

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用活動について・3

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動に関しましては

下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf
(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))

http://kameitei.da-te.jp/c26186.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 ようこそ、いらっしゃいませ。

松亀園(旧えびや旅館)の活動について

今回は2013年1月26日()に開催した

見学会の様子をお届けします。


今回の見学会はその前に実施した1月19日()の後に

決まったため、広報の手段も限られたものでしたが

そのような状況のなか約30名の方にご参加いただきました。

見学会にご参加いただいた皆様には、この場を借りて

御礼申し上げます、ありがとうございました。


 さて、見学中の様子ですが、前回同様に

建物の構造や意匠などをご覧いただきながら

解説を行いました。

また今回の見学会では

地元のケーブルテレビ『マリネット』様の取材もあり

見学を終えた参加者に感想などを尋ねていました。


 今後の『松亀園(旧えびや旅館)保存基金』の活動ですが

最終的な結論については、1月末が期限となっていて

そのご報告はについては、ブログやツイッターなどで

お伝え
する予定です。


目標金額に関しては依然厳しい状況ですが

その現実も踏まえ、あらゆる方法を検討・模索しています。

皆様におかれましては、

どうか最後の最後まで

ご支援・ご協力を賜りますよう

よろしくお願いいたします



  


2013年01月19日

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用活動について・2

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動に関しましては

下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf
(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))

http://kameitei.da-te.jp/c26186.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 ようこそ、いらっしゃいませ。

松亀園(旧えびや旅館)の活動について

追加の見学会開催のご案内です!!

平成25年1月26日() 14:00より

松亀園(旧えびや旅館)の見学会を実施


いたします。詳細は下記をご覧ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『塩竈御釜神社前・松亀園(旧えびや旅館)見学会』

・日   時:平成25年1月26日() 14:00~

       ※見学希望の方が多数お集まりの時は
         開始時間を分けて実施する場合も
         ございます。ご了承ください。

・集合場所:松亀園(旧えびや旅館)前
        (住所:塩竈市本町3-9)

・主   催:(特非)NPOみなとしほがま

・問い合せ:022-364-0686(亀井邸)
            9:00~16:00(水・木定休日)



 ※見学会の参加につきましては、ご予約などは不要です。
   当日、時間までに集合場所にお越し下さい。

 松亀園(旧えびや旅館)周辺には駐車場がございません
 お越しの際は公共交通機関をご利用願います。電車を
 ご利用の際は『JR仙石線 本塩釜駅』が便利です。
  
 松亀園までの道がよくわからないという方は
 本塩釜駅の神社参道口を出てすぐ左手にある
 塩竈観光物産案内所でお尋ねいただければ幸いです。

 松亀園の内部は床や階段などで不安定な箇所がございます
 歩きやすい靴や、動きやすい服装でご参加ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

保存に必要な基金の募集活動は今月中までと

大変厳しい状況ですが、多くの皆さんに建物をご覧いただき

ご支援・ご協力をいただければと存じます。


(※以下1月20日に追記)
ここからは、1月19日()に開催した

松亀園(旧えびや旅館)見学会の様子をお届けします。

見学会当日は晴天に恵まれましたが

この週は大雪に見舞われ、各所に雪が残り

道路にも圧雪や一部凍結などが見られ

足元はかなり不安な状態でしたが、それにも拘わらず

とても多くの方にご参加をいただきました。

御釜神社前で松亀園の建物全体をご覧いただきながら
参加者の皆様に建物概要や塩竈の歴史をご説明しました。

その後、松亀園の内部で建物の詳しい説明を実施し

建物調査にご協力をいただいている
東北工業大学工学部の高橋恒夫教授の解説や


みなとしほがまスタッフの説明


塩竈の歴史などでご指導・ご協力をいただいている
東北学院大学経営学部の斎藤善之教授の解説

などを行い、参加いただいた皆様に

改めて建物の歴史・文化的な価値について

実際に見ていただきながら、ご案内をしました。


19日()の見学会で大きな反響をいただいたことから

1月26日()にも追加の見学会を企画いたしました。

19日の見学会に参加できなかった方をはじめ

大勢の方のご参加をお待ち申し上げております。


  


2013年01月13日

松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用活動について

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動に関しましては

下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://kameitei.da-te.jp/e532924.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 ようこそ、いらっしゃいませ。

松亀園(旧えびや旅館)の活動についてのご報告です。

すでに新聞等、報道機関でも掲載されていますが

平成25年1月19日() 14:00より

松亀園(旧えびや旅館)の見学会を実施


いたします。詳細は下記をご覧ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

『塩竈御釜神社前・松亀園(旧えびや旅館)見学会』

・日   時:平成25年1月19日() 14:00~

       ※見学希望の方が多数お集まりの時は
         開始時間を分けて実施する場合も
         ございます。ご了承ください。

・集合場所:松亀園(旧えびや旅館)前
        (住所:塩竈市本町3-9)

・主   催:(特非)NPOみなとしほがま

・問い合せ:022-364-0686(亀井邸)
            9:00~16:00(水・木定休日)



 ※松亀園(旧えびや旅館)周辺には駐車場がございません
   お越しの際は公共交通機関をご利用願います。電車を
   ご利用の際は『JR仙石線 本塩釜駅』が便利です。
  
   また、松亀園までの道がよくわからないという方は
   本塩釜駅の神社参道口を出てすぐ左手にある
   塩竈観光物産案内所でお尋ねいただければ幸いです。
 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


ここからは、1月12日()に開催した

報道機関と関係者向けの松亀園(旧えびや旅館)見学会の

様子をお届けします。


快晴に恵まれたこの日、報道機関の方や関係者の皆様を含め

約40人の方々にお集まりいただきました。

建物内では皆様が興味深く眺めていらっしゃったり

スタッフに質問をされたりと、熱心にご覧いただきました。

下の画像は松亀園(旧えびや旅館)3階 桜の間にある

桜の樹が描かれた天井です。

建物が残り、この桜もずっと咲き続けることができるよう

皆様のご支援をどうかよろしくお願いいたします。

  


2012年12月29日

NPOみなとしほがまより 塩竈を愛する全ての皆様にお願いです


 NPOみなとしほがまより

塩竈を愛する全ての皆様にご報告とお願いがございます。


すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが

現在

塩竈市本町の御釜神社前にある

松亀園(旧えびや旅館)の建物が

まもなく解体されようとしています!!


これに伴い、NPOみなとしほがまでは

建物の保存と活用についての活動を開始いたします!!


活動についての詳細は以下をご覧ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◆しほがま松亀園(旧え​びや旅館)保存活用支​援基金について

※上の画像をクリックで詳細がご覧いただけます(.jpgファイル)


◆松亀園(旧えびや旅館)についての説明

※上の画像をクリックで詳細がご覧いただけます(.jpgファイル)

同じ内容のpdfファイルもございます→松亀園基金チラシ.pdf
(2012年12月31日追記)


上記画像についてはチラシとしても作成していて

2013年1月2日(水)より亀井邸で配架を開始します。


さらに

2013年1月3日(木)は亀井邸で

NPOみなとしほがま新春緊急講演会
  塩竈御釜神社前・松亀園(旧えびや旅館)の
                 保存活用にあたって(仮題)


を開催いたします。

            記

1.日時:平成25年1月3日(木) 14:00~

2.場所:亀井邸2階

3.講演:NPOみなとしほがま新春緊急講演会
      塩竈御釜神社前・松亀園(旧えびや旅館)の
                      保存活用にあたって(仮題)

4.講師:東北学院大学経営学部経営学科教授 斎藤善之

5.主催:(特非)NPOみなとしほがま

6.協力:ぱそとも倶楽部


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

NPOみなとしほがまのブログに本件に関する記事が載っています。

ぜひご覧ください。

NPOみなとしほがまのブログ
http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(2012年12月31日追記)


この他にも、松亀園(旧えびや旅館)の保存・活用に関する

様々な活動を計画しております。

皆様のご支援・ご助力をどうか、よろしくお願い申し上げます。