スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年01月15日

お正月の終わりに

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
亀井邸修復基金に関しましては

下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://kameitei.da-te.jp/e444653.html

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201109/10
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 ようこそ、いらっしゃませ。

お正月が終わり、亀井邸でも玄関の飾りを

外しました。飾りはその後、鹽竈神社の

松明祭【しょうめいさい】(通称:どんと祭)

に納めました。

***************************************************

松明祭【しょうめいさい】(通称:どんと祭)とは

家庭でお祀りをしていた前の神符や門松

お正月飾りなどを焼納するお焚き上げ神事。

勢いよく燃える火とともに神々が神の国へ昇る

という勇壮な正月神送りの神事です。

その火にあたると一年間、無病息災で

家業繁栄するといわれています。

夜には350名の若者たちによる「裸参り」が行われます。


~出典 塩竈市観光物産協会ホームページ より~

***************************************************

その『どんと祭』と『裸参り』の様子です。


こちらは、裸参りのスタート時の画像です。
今年の塩竈の冬は、雪は少ないのですが
気温が例年より2~3℃低く、寒い日が続いています。


忌火(浄火)の様子です。2箇所に設けられ
大勢の人達が集まっています。


昨年は大変な年でした。
今年は穏やかな年になって欲しいと
願いを込めて火にあたりました。


本格的な冬真っ只中の塩竈のまちですが

亀井邸は元気に開館しています。

*********************************************
●.常設展示

  亀井邸1階:パネル展 『開陽丸と塩竈』

  1階離れ :亀井氏ゆかりの写真の展示

  亀井邸2階:亀井商店や亀井氏ゆかりの
               貴重な品々・写真の展示


●.場  所 :塩竈市宮町5番5号
        (鹽竈神社の東参道(裏坂)と呼ばれる場所の途中に
         あります。開館中は看板が出ており、入り口の大きな
         門が開いています。)
        こちらの説明を参考にしていただければ幸いです。
        亀井邸までの道案内、東北本線塩釜駅ルートその(1)
        亀井邸までの道案内、東北本線塩釜駅ルートその(2)
        亀井邸までの道案内、東北本線塩釜駅ルートその(3)
        亀井邸までの道案内、JR仙石線本塩釜駅ルート  

 
●.開館時間:10:00 ~ 15:30 (冬季開館時間)

●.休 館 日:毎週水曜・木曜
     ※ 水・木が祝日の場合は開館する場合もあります。

●.入 場 料:無 料

 ※.震災の影響により、一部立入りを禁止して
   いる場所がございます。ご了承下さい。

●.販 売 品:NPOみなとしほがま編集・刊行
        東北学院大学 経営学部経営学科
        斎藤善之 教授 監修
        『新釈 奥鹽地名集』1部 2,100円

        『津太夫と左平』図録小冊子 1部 400円

        『開陽丸と塩竈』図録小冊子 1部 600円 
        
●.電  話 :022-364-0686 (亀井邸)
       休館日(水・木)をのぞく10:00~15:30
        ※ 開館状況のご確認等
          お気軽にお電話下さい。

*********************************************

震災で被災したお店も

仮設店舗などで次々と営業を再開しています。


季節は冬でも、復旧・復興に熱く燃える塩竈のまちへ

ぜひお越しください。


  


Posted by K-K at 13:07