2014年10月19日

悲しい・・・ショックな出来事

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動の取り組み
に関しましては、下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf
(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))

http://kameitei.da-te.jp/c26186.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

こんにちは!ようこそいらしゃいませ。

今日は、秋晴れの穏やかな日和ですね。

そんな秋らしい一日の始まりにとってもショックな事がありました。

亀井邸では、何日かに一度、敷地内の見回りをしているのですが、

今朝、いつものように見回ってみると、敷地のはずれにある

花梨の木が、無残にも切られ、実も全部落とされていました。

悲しい・・・ショックな出来事


この、花梨は毎年、大きさはさまざまですが、実を付けてくれて、

晩秋から冬にかけて、季節を感じさせてくれるものでした。

部屋に置けばいい香りを放ち、芳香剤の役目をしてくれましたし、

花梨を煮ると、黄色い実と砂糖だけなのに、綺麗な赤い色の

ちょっとあまずっぱい、美味しいシロップができました。

それを、風邪気味やのどの痛い時など飲むと、ちょっと

落ちついたりして、ほっこりできるとなかなか評判でした。

亀井邸にいらっしゃるお客様も、実を持って帰られたり、

お茶代わりに飲むのを楽しみにされていた方も

沢山おいでになったのですが、

残念ながら今年はできなくなりました。

悲しい・・・ショックな出来事


今の所、誰がどうして切ったのかはわかっていません。

関係各所に問い合わせしたのですが、

誰もわからないということでした。

切った方には、どうでもいい木だったのでしょうが、

私たちにとっては、大切にしていた花梨でした。

なにか、不都合があったのなら一言連絡がほしかった

です。

もう、今年の実は残っていないので、いまさらどうこう言っても

しかたないのですが・・・・・

とっても、悲しくて、悲しくて・・・・・

ショックで、落ち込む出来事でした。(T_T)



悲しい・・・ショックな出来事
※10月1日の花梨。大きな実がたくさんついてました。

悲しい・・・ショックな出来事
※今日の花梨の木。一つも実は見当たりません。











削除
悲しい・・・ショックな出来事