2015年03月20日

『江戸木造和船細工展』

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
松亀園(旧えびや旅館)保存・活用活動の取り組み
に関しましては、下記のリンクをご覧いただければと存じます。

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/img/E69DBEE4BA80E59C92E59FBAE98791E38381E383A9E382B7.pdf
(松亀園基金チラシ(.pdfファイル))

http://kameitei.da-te.jp/c26186.html
(「海商の館」・亀井邸ブログ内の関連記事)

http://blog.canpan.info/minatoshiogama/daily/201212/30
(NPOみなとしほがまブログ内の関連記事)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

こんにちは!ようこそいらしゃいませ。

ただ今、亀井邸では、

「肴の道」 仙台城下への肴の道と和船の魅力  

〜江戸時代の塩釜湊〜   を開催中ですが、

その中でも一週間限定で、『江戸和船細工』を展示しています。

作者は千葉在住の「中山幸雄」氏です。

ひとつ一つ手作りされた、和船と江戸の町。

実物の1/70のサイズですが、細かいところまで再現されて

います。

たとえば、障子や雨戸は動きます。雨戸は戸袋に収まりますし、

部屋の中も再現されています。ふすまや畳のヘリまで・・・。

見えない部屋まできちんと作られています。

また、和船は、積んでいる荷物も一つ一つバラバラになったり、

船の波よけ板の部分も本物のようにはずれたりします。

とにかく細かい部分まで、作りこまれていてビックリ!!

の連続です。今まで25年かけて作られているそうです。

宮城県では、初お目見え!!

つぎはいつみられるかわからないそうですよ。

それに、今回はご本人から解説も聞けちゃいます。

展示期間はあと2日。

3月22日(日)のお昼、12時迄です。

是非、この機会をお見逃しなく〜!!

皆様のご来館を心よりお待ちしております。












削除
『江戸木造和船細工展』